合宿免許の割引制度・特典

合宿制を採用している自動車教習所によっては、割引制度や特典が用意されているケースがあります。うまく利用することによって、よりお得に、快適に合宿制の自動車教習所生活を送ることが可能です。入校する自動車教習所選びをする際には、この点にも注目したほうがよいでしょう。

まずは割引制度ですが、○月○日までの入校申し込みで適用される早割、学生で学生証を提出することで適用される学割、友人など複数人で一緒に申し込むことで適用される複数割、自動車教習所のサイト経由での申し込みで適用されるWEB割、すでに二輪免許がある人や、バイク免許と同時教習で適用される割引などがあります。5,000円や10,000円、20,000円などが安くなりますので、自分が対象になっている割引がないか確認してみましょう。

次に特典ですが、自動車教習所によっては温泉に無料で入り放題、○○食べ放題、エステ・リフレクソロジーあり、スポーツ施設あり、カラオケあり、マリンスポーツができる海あり、教習所周辺のお店の割引券プレゼント、といった具合に特典が用意されていることがあります。特典が用意されていることによって、教習以外の時間を充実させることができます。また、女性寮がしっかり分かれている教習所ではダブルロックやインターホンが付いているところもありますので、女性一人の参加でも安心できますね。

Link・・・全国のおすすめ教習所情報が満載!|合宿免許ハンターで激安・格安プランを検索、予約!

 

合宿免許の料金

合宿免許の相場は22万円~30万円ほどとされており、通学免許の28万円~33万円ほどという相場より安くなっています。短期間で安く卒業を目指せるのが合宿免許の自動車教習所最大の魅力なのですが、実際に通う教習所を選ぶ際には注意しなければいけないことがあります。

合宿免許にかかる費用は、教習料金だけではありません。自動車教習所との往復交通費、宿舎の滞在費用、設備・施設・備品の利用料金、食費、再試験や試験に落ちた場合の延長滞在費などがかかります。22万円と表示されている場合、内訳まで見て料金に何が含まれていて、何に別途お金がかかるのか、忘れずに確認したいところです。

このほか、格安料金で教習生を募っているところの場合には、料金内訳とはまた別の要素に目を向けてみることが大切です。たとえば教習料金以外の諸費用まで込みになっていて、トータル費用が安い自動車教習所でも、宿舎の老朽化が進んでいたり、ほかの教習生との相部屋であったりすることがあります。たった2~3週間しか過ごさない宿舎ではありますが、快適に過ごしたいと思っている人は、安くても不快感やストレスを感じるような条件になっていないかよく確認したうえで入校申し込みをしたほうがよいでしょう。

合宿制の自動車教習所とは

合宿制の自動車教習所とは、教習所指定の宿舎に泊まりながら卒業を目指す形になる自動車教習所のことをいいます。宿舎は教習所敷地内にある校内宿舎、教習所敷地外にある専用宿舎、ホテルや旅館などがあります。食事は宿舎で出る場合と出ない自炊のところがあります。部屋は一人部屋、相部屋の教習所があり、洗濯スペースの有無など宿舎によって用意されている設備、タオルなど用意されている備品には教習所によって違いがあります。
宿舎はホテルや旅館などに泊まる場合はないケースもありますが、校内宿舎や専用宿舎では門限が定められており、飲酒は禁止されています。宿舎は男性と女性とで建物がわかれているケースがほとんどであり、異性の宿舎へと立ち入ることは禁じられています。規則を守らない場合には最悪、退学の処分が下されることにもなりかねません。

合宿免許の場合は、昼間はほぼ毎日教習漬けになります。ただしその分、卒業までの期間が短く、2~3週間ほどで卒業することが可能です。空き時間は門限や禁酒などのルールを守っていれば、自由に過ごすことが可能です。教習所がある地域によっては、ショッピングや観光などを楽しめます。
また、教習所によっては合宿免許参加者同士や教官との親睦を深めるためのレクリエーションを行なっているところも少なくありません。なお、合宿免許には料金に関する強みがあり、割引制度や特典を用意している自動車教習所もあります。これらのことに関しては別のページで取り上げていますので、合宿免許のことをよく知りたいという方はぜひご一読ください。